トピックスTOPICS

【ココクマ更新】熊本県内の有効求人倍率1.35倍-7か月ぶり減少

みなさんこんにちは!ココクマ編集部です。

今回は8月31日に発表された有効求人倍率について取り上げました。

熊本労働局が発表した2021年7月の有効求人倍率(季節調整値)は1.35倍となり、前月比で0.06ポイント減少し、7か月ぶりに減少しましたが、全国平均の1.15倍を0.20ポイント上回っており、高水準が続いている状況です。全国16位、九州では宮﨑の1.37倍に次いで2位。

半導体需要の高まりで、製造業を中心に高水準が続いています。
半導体需要増加の影響は、運送業や職業紹介・労働者派遣業にも波及しています。

熊本では、即戦力人材を求め、中途採用に力を入れ積極的な採用活動を進める企業もございます。
コロナ禍でのUターン転職支援を通しての実感値やポイントなど以下のコラムでもお伝えしておりますので、ぜひあわせてご覧ください。

【キャリアアップコラムVol.1】 中長期で転職検討される場合の注意点

【PM転職コラムVol.1】熊本のUIターン転職実績

 

熊本県内の有効求人倍率1.35倍-7か月ぶり減少

一覧に戻る